きこえの改善と回復を通して豊かなコミュニケーションを目指す

きこえ生活コーディネート

 

ごあいさつ

カロル医療企画代表の小川です。

私はこれまで15年ほどにわたり、介護施設事業会社においてケアワーカーおよび本部スタッフ、また病院では、外来ならびに急性期・回復期・慢性期各病棟での医療ソーシャルワーカーとして仕事をしてきました。

高齢のご入居者、患者さん、およびご家族、こうした大勢の皆様と接してくる中で、「きこえ」の問題に特段の注意を払ってきたとは言えません。

担当者間で使用する、いわゆる「ADL表(ADL=Activity of Daily Living 日常生活動作)」には、たいてい、視力と並んで、聴力について記載する欄があります。

「問題なし・だいたい聞こえる・あまり聞こえない・ほとんど聞こえない」、こうした大まかな区分についてチェックをしケアに活かしますが、きこえそのものに関して、現場ではなかなか十分な配慮がしきれなかったのが実情です。

「耳の遠さ」に関しては、どちらかというと「年だから仕方ない」「大きな声で話せば何とかなる」という考え方が根強くあります。

 

平成27年、厚生労働省は「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」を発表し、その中で、「難聴が認知症の危険因子となる」ことを明記しました。

​その後、NHK、文春オンライン、週刊新潮、週刊ポストといった大手メディアも、難聴が認知症や老人性うつの発症リスクになっていることを特集して警鐘を鳴らしていますが、個人的感覚ながら、社会の関心がそれほど高まっているようには見受けられません。

​当社はこれまでの仕事の経験から、「より良いきこえが健康で幸福な生活を支える」ことを実感し、加齢による難聴への対策、聴力の改善と回復を進めるサービスをご提供します。

多くの方のご理解と関心を得られれば幸いです。

植物と本

【略歴】

横浜国立大学教育学部卒業。

鳴門教育大学大学院学校教育研究科修了。

小学校教員、大手介護事業会社人材開発部、病院医療ソーシャルワーカー、医療コンサルティング会社マネジャーを経てカロル医療企画株式会社を設立、現在に至る。

社会福祉士

一般社団法人日本認知症ケア学会会員

​日本世間学会会員

一般社団法人日本臍帯プラセンタ学会事務局受託

当社は、補聴器専門店「ヒヤリングセンター神奈川®」の
​販売代理店です。

サービス概要

​●補聴器のご購入相談、販売、および購入後のアフターフォロー

●補聴器関連(メンテナンス)製品の販売

     電池
     乾燥剤・乾燥ケース
     除菌クリーニングシート
     電気乾燥器
     イヤモールド用洗浄ケース・洗浄タブレット

     クリーニング用ブラシ

     脱落・紛失防止チェーン 等

  ※関連製品はご希望に応じて訪問販売も可能です。くわしくはお問い合わせください。

 

●きこえの改善や維持に関する相談、情報提供、講習会開催  

【主な営業範囲】川崎、横浜、および湘南地域(鎌倉・藤沢・茅ヶ崎等)

        その他の近隣エリアにつきましても、ご要望に応じて対応します。

ハッピーウェルバナー.jpg
SANバナー.png
良仁堂バナー.png